さんゆうてい ゆうじゃく

三遊亭 遊雀 さんゆうてい ゆうじゃく

  • 1965(昭和40)年 千葉県生まれ
  • 1988(昭和63)年 柳家権太楼に入門 柳家さん太となる
  • 1991(平成03)年 二ツ目昇進 柳家三太楼と改名
  • 2001(平成13)年 真打昇進
  • 2006(平成18)年 三遊亭小遊三一門となる
    三遊亭遊雀と改名
  • 2007(平成19)年 国立演芸場花形演芸大賞 大賞受賞

落語研究会に所属していた大学時代は、地元の老人ホームなどで落語を披露し、腕を磨く。
柳家権太楼に入門後はめきめきと力をつけ、NHK新人演芸大賞落語部門大賞(1995年)、彩の国落語大賞(2006年)、国立演芸場花形演芸大賞金賞(2007年)と、数々の賞を受賞しながら、さらなる精進を重ねる。三遊亭小遊三一門への移籍と同時に、落語芸術協会に入会。新たなスタートを切る。

「船徳」「明鳥」「初天神」など古典落語を中心に演じており、オーソドックスな小噺を独特の間合いで披露。観客の爆笑をさらう技量には定評があり、人情噺から滑稽噺まで幅広くこなす若手実力者として注目を集めている。

独演会や落語会はもちろんのこと、映画館や博物館をはじめ、街のレストランなど全国各地さまざまな場所で精力的に高座をこなす。旅と乗り物を趣味としており、『落語を楽しんでもらえる所なら国内外どこへでも出かけたい』と宣言するほどの旅好きとして知られる。