しょうふくてい つるこう

笑福亭 鶴光 しょうふくてい つるこう

  • 1948(昭和23)年 大阪府生まれ
  • 1967(昭和42)年 六代目 笑福亭松鶴に入門
  • 1968(昭和43)年 大阪新世界新花月にて初舞台
  • 1974(昭和49)年 ニッポン放送『オールナイトニッポン』
    DJスタート
  • 1976(昭和51)年 ゴールデンアロー芸能新人賞受賞
  • 1979(昭和54)年 ギャラクシー賞 個人賞受賞
  • 2009(平成21)年 映画『鴨川ホルモー』出演

1974年から『オールナイトニッポン』のパーソナリティとして登場し、全国ネットではまだ珍しかったコテコテの関西弁を駆使して一気にブレイク。翌年リリースしたレコード「うぐいすだにミュージックホール」が約20万枚もの売上を記録し大ヒット。さらに自身の半生を赤裸々に綴った著書『鶴光のかやくごはん』もベストセラーになり、その人気を不動のものにした
また『つるこうでおま!』をキャッチフレーズに東京の寄席に多数出演を果たし、演芸評論家からの評価も高く、本業でも全国的にその実力が認められる。上方落語が生んだ全国区の噺家の一人であり、東京進出の先駆者としてその功績は大きい。

一方映画への出演数も多く、代表作の『トラック野郎シリーズ』をはじめ、映画『ハンサムスーツ』では声のみの出演ながら独特の存在感を発揮。最近では万城目学原作、本木克英監督の話題の映画『鴨川ホルモー』に出演し、ファン層をさらに拡大し続けている。
またラジオ・テレビの出演のかたわら、作詞家としての才能も発揮中だ。