しょうふくてい しょうゆう

三遊亭 笑遊 さんゆうてい しょうゆう

  • 1950(昭和25)年 東京都生まれ
  • 1973(昭和48)年 四代目 三遊亭圓遊に入門 勢遊と名乗る
  • 1979(昭和54)年 二つ目昇進 笑遊斗改名
  • 1984(昭和59)年 四代目圓遊没後 五代目圓遊門下へ
  • 1989(平成 元)年 真打昇進

大学時代から落語研究会で腕を磨き、中退後、四代目三遊亭圓遊に入門する。軽快な語り口と独特の艶を帯びた話芸で人気を博した師匠の元で内弟子生活を送り、鈴本演芸場にて初高座を務める。その後五代目圓遊門下への移籍を経て、1989(平成元)年に真打昇進を果たす。

現在は “落語芸術協会の鬼才”として知られており、「堀の内」「無精床」「平林」などのナンセンスものを得意とする。また古典落語だけでなく、新作落語にも積極的に取り組む。
親しみを感じさせる枕話で観客をグッと引きつけ、コミカルなパントマイムと怒濤の話芸で沸かせる。持ち前の明るさを活かした豪快かつ自由奔放な高座で、多くの隠れたファンを持っている。

浅草演芸ホール、新宿末広亭、池袋演芸場、上野鈴本演芸場、国立演芸場の定席に加え、大学時代の同期でもある林家正雀との二人会、桂伸治との二人会の他、独演会なども開催。テレビやラジオ番組にも数多く出演している。