たてかわ しょうし

立川 生志 たてかわ しょうし

  • 1963(昭和38)年 福岡県生まれ
  • 1988(昭和63)年 立川談志に入門 立川笑志となる
  • 1994(平成06)年 にっかん飛切落語会 努力賞受賞
  • 1995(平成07)年 にっかん飛切落語会 若手落語家奨励賞受賞
  • 1996(平成08)年 にっかん飛切落語会 若手落語家奨励賞受賞
  • 1997(平成09)年 二ツ目昇進
  • 2002(平成14)年 NHK新人演芸大賞 審査員特別賞受賞
  • 2003(平成15)年 にっかん飛切落語会 日刊スポーツ特別賞受賞
  • 2008(平成20)年 真打昇進 立川生志に改名
  • 彩の国落語大賞 彩の国落語大賞受賞
  • 2009(平成21)年 横浜文化賞 文化・芸術奨励賞受賞
  • 2017(平成29)年 福岡市文化賞受賞

福岡大学卒業後、大手企業に入社し一旦は営業マンとなるが、子供の頃からの夢を叶えるため2年で退社、立川談志に入門する。談志も認める陽気な高座は前座時代から『賞ハンター』の異名を持ち、毎年のように賞を獲得している。
2008年4月、入門20年目にして落語立川流真打に昇進。立川生志と名を改めた。

真打昇進後に始めた独演会『ひとりブタ』(東京、横浜、名古屋、大阪、広島、北九州、福岡)は各地で好評を博しているが、近年では趣味の海外旅行を兼ねて欧州や米国での公演を意欲的に行っている。
2010年に博多座では初となる落語公演を師匠談志との『親子会』で実現させ、2012年からは兄弟子志の輔との『兄弟会』を毎年開催。

2013年12月、河出書房新社より『ひとりブタ 談志と生きた二十五年』を出版。
現在、FBS福岡放送『めんたいワイド』、RKBテレビ『サンデーウォッチ』、RKBラジオ『立川生志の世の中こげん面白かばい!』『開店!ウメ子食堂』などにレギュラー出演中。
筑紫野市ふるさと親善大使。