たてかわ しのすけ

立川 志の輔 たてかわ しのすけ

  • 1954(昭和29)年 富山県生まれ
  • 1983(昭和58)年 七代目 立川談志に入門 立川志の輔となる
  • 1984(昭和59)年 二ツ目昇進
  • 1990(平成02)年 文化庁芸術祭賞受賞 真打昇進
  • 1993(平成05)年 富山県功労賞を受賞
  • 1995(平成07)年 NHKテレビ『ためしてガッテン』司会スタート
  • 2003(平成15)年 春風亭小朝らと「六人の会」結成
  • 2008(平成20)年 文化庁芸術選奨文部科学大臣賞
    スポニチ文化芸術グランプリを受賞
  • 2015(平成27)年 NHK放送文化賞受賞、紫綬褒章受章

独自の視点で現代をとらえ、古典落語のみならず新作落語も創作し、多くのファンを魅了する落語家のひとりである。
東京では、渋谷パルコ劇場(現在改装中、2020年オープン予定)、下北沢本多劇場、赤坂ACTシアター、六本木EXシアターにて定期的な独演会ではこの会場でしか聞けない演目「牡丹灯籠」、「中村仲蔵」、「歓喜の歌」等を上演し続けている。そうした活動を通じて新たな落語ファンも掘り起こしており、その実力と功績が認められ数多くの賞を獲得。
新作落語への取り組みや、古典落語への新しい解釈を加えていくなど、進化し続ける「志の輔らくご」にこれからも注目だ。

テレビではNHK「ガッテン!」の顔であり、近年は龍角散のCMにも出演。
さらに、動物写真家・岩合光昭の初監督作品映画「ねことじいちゃん」では、初主演で映画にもチャレンジし、公開前から話題を集めている。