さんゆうてい おうらく

三遊亭 王楽 さんゆうてい おうらく

  • 1977(昭和52)年 東京都生まれ
  • 2001(平成13)年 五代目 三遊亭圓楽に入門
  • 2004(平成16)年 二ツ目昇進
  • 2008(平成20)年 NHK新人演芸大賞 落語部門大賞受賞
  • 2009(平成21)年 真打昇進

父は三遊亭好楽。五代目圓楽の27番目、最後の弟子。また父・好楽と兄弟弟子になる。
入門して間もない頃からメキメキと頭角を現し、二つ目昇進時の口上では、五代目圓楽をはじめ、小朝・鶴瓶・こん平・木久扇・正蔵が並び、また真打昇進時には文枝・円歌・六代目円楽・小遊三・市馬・志の輔・談春と史上最高ともいえる豪華な顔ぶれが脇を固め話題を呼んだ。

江戸っ子らしく威勢のいい啖呵を切りながらも、色気があり特に女形には定評がある、NHK新人演芸大賞を受賞した「鼓ヶ滝」をはじめ、「片棒」「夢金」「三枚起請」「五貫裁き」といった古典を得意とする傍ら、当代文枝から創作落語を教わったことをきっかけに自作も精力的に発表している。代表作は「パパずれてるゥ!」「祭りのあと」など。
キングレコードやポニーキャニオンからCDも発売され、ますます目が離せない。