林家二楽

林家 二楽 はやしや にらく

  • 1989(平成 元)年 実の父である二代目林家正楽に入門
  • 1991(平成03)年 師匠とともに寄席の初高座
  • 1993(平成05)年 若手落語家とバンドを結成、各地にて
    ライヴ活動・「おやこ紙切り教室」を開催
  • 1994(平成06)年 クラシック音楽と紙切りのコラボ公演を開催
  • 1995(平成07)年 劇団「ワハハ本舗」の公演に参加
  • 2005(平成14)年 国立演芸場花形演芸大賞 金賞受賞
  • 2008(平成17)年 国立演芸場花形演芸大賞 金賞受賞
  • 2011(平成23)年 TBS土曜ワイドラジオ 芸能大賞受賞

平成18年より毎年7月に米国バーモント州のミドルベリー大学で開催される夏期日本語学校に文化専門員として、紙切りを紹介している。

生まれて初めて与えられたオモチャがハサミと紙で、紙切りを遊びのひとつとして育ち「今までの形式にとらわれない紙切りも取り入れていきたい・・・」との思いから、今までの紙切りに加え、「立体紙切り」を自ら考案。
実兄に落語家 桂小南治がいる、演芸一家。

OHPを使用した「二楽劇場・紙切り物語」や紙切りと落語のコラボレーションによる紙ユ劇落語の会を各地で開催。