かつら なんこう

桂 南光 かつら なんこう

  • 1951(昭和26)年 大阪府生まれ
  • 1970(昭和45)年 桂小米(故枝雀)に入門 桂べかことなる
  • 1972(昭和47)年 梅田トップホットシアターで初舞台
  • 1981(昭和56)年 朝日上方落語名人選新人コンクール優勝
  • 1984(昭和59)年 大阪・サンケイホールにて
    『第1回桂べかこ独演会』開催
  • 1993(平成05)年 三代目 桂南光を襲名
  • 1994(平成06)年 上方お笑い大賞 大賞受賞
  • 2011(平成23)年 京都南座にて『桂南光還暦記念公演』開催

関西では朝のテレビ情報番組の司会を長く務め、笑福亭仁鶴が司会を担当する NHK『バラエティー生活笑百科』などにも出演し、一躍人気落語家に。
2004年からは、桂文珍、笑福亭鶴瓶との落語会『夢の三競演』を年に1回開催。「上方お笑い大賞」「日本放送芸能大賞わだい賞」「大阪府民劇場賞 奨励賞」など受賞歴は数多く、桂派の由緒ある名跡に相応しい落語家を目指して、熱心に研鑽を重ねている。
また桂南光によって仕立て直された最も得意とする落語の一つ「ちりとてちん」は、NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』のベースとなり、放送をきっかけに落語人気がさらに拡大。今は多くの噺家が演じるようになった。

落語以外では、神戸市で開催された『河島英五プロデュース 阪神・淡路大震災復興チャリティコンサート 復興の詩』やジャズコンサートの他、役者としても『松竹新喜劇』『現代能 安倍晴明』などへ舞台出演を果たしている。また、ビリヤード、義太夫、囲碁(初心者)、料理など多彩な趣味を持つ。