さんゆうてい こうらく

三遊亭 好楽 さんゆうてい こうらく

  • 1946(昭和21)年 東京都生まれ
  • 1966(昭和41)年 八代目 林家正蔵に入門 林家九蔵となる
  • 1971(昭和46)年 二ツ目昇進
  • 1979(昭和54)年 日本テレビ『笑点』大喜利メンバーに加入
  • 1981(昭和56)年 真打昇進
  • 1982(昭和58)年 三遊亭圓楽門下に移り、三遊亭好楽となる

小学生の頃からラジオの落語に親しみ、やがて一人で寄席通いを始める。落語界への入門を決意したのは、ラジオで師匠正蔵の人情噺「鰍沢」を聴いた時。後年、「その声がすごく新鮮に聞こえ、師匠はこの人、と決めた」と語っている。

二ツ目時代から日本テレビ『笑点』大喜利メンバーに参加。「賽銭のわりには多い願いごと」など得意の川柳を活かした挨拶と、奇をてらわずストレートで勝負する掛け合い、そして愛嬌たっぷりのキャラクターで人気を博す。

「抜け雀」「子別れ」「錦の袈裟」「蛇含草」などの古典落語を得意とし、近ごろはあまり聴くことのない「肝つぶし」などの珍しいネタにも果敢に挑戦。また、ガン予防をテーマにした落語を発表したり、時事ネタを取り入れた小噺も披露。荒川区で開催されている無料落語会を支援するなど、落語人気の裾野を広げる活動を精力的に行っている。
2016(平成28)年には芸歴50周年を迎え、芸風にますます磨きをかけている。