かつら じゃくじゃく

桂 雀々 かつら じゃくじゃく

  • 1960(昭和35)年 大阪府生まれ
  • 1977(昭和52)年 桂枝雀に入門 同年、初舞台
  • 2002(平成14)年 上方お笑い大賞 最優秀技能賞受賞
  • 2006(平成18)年 大阪府舞台芸術賞 奨励賞受賞
  • 2007(平成19)年 『桂雀々独演会 雀々十八番』を開催
  • 2010(平成22)年 「五十歳五十箇所地獄めぐり」を開始

小学生時代はテレビの視聴者参加番組の常連となり人気者に。
中学生時代はテレビ番組のコーナーに登場して勝ち抜き、チャンピオンに輝く。
1977年、上方落語の桂 枝雀に入門。同年10月に桂 枝雀独演会にて初舞台を踏む。
2007年、「桂 雀々独演会 雀々十八番」をシアターBRAVAにて6日間開催。全公演完売の大成功を収める。2010年、「五十歳五十箇所地獄めぐり」を開始、全国行脚の開催で大きな話題となる。
そして、芸歴35周年を迎えた2011年。拠点を東京に移し、第1回目の国立演芸場では全席完売の大盛況で幕を降ろすほか、独演会はその後すべて完売を記録する。

落語以外でも立川談志追悼舞台では役者を務め、さらには映画出演や教育の場で講師を務めるなど多岐の分野に渡り、活躍中。

上方お笑い大賞最優秀技能賞(2002年)、大阪府舞台芸術賞奨励賞(2006年)など受賞歴も多数。著書に自叙伝「必死のパッチ」(幻冬舎)あり。来年(2017年)芸歴40周年迎える。