やなぎや ごんたろう

柳家 権太楼 やなぎや ごんたろう

  • 1947(昭和22)年 東京都生まれ
  • 1970(昭和45)年 故柳家つばめに入門、前座名ほたる
  • 1974(昭和49)年 師匠他界のため、柳家小さん門下となる
  • 1975(昭和50)年 二ツ目昇進 柳家さん光と改名
  • 1982(昭和57)年 真打昇進、三代目 柳家権太楼を襲名
  • 2001(平成13)年 落語協会理事就任
  • 2013(平成25)年 紫綬褒章受賞

明治学院大学では落語研究会に所属。卒業後、五代目柳家つばめに入門するも、師匠他界のため、大師匠の五代目柳家小さん門下となる。間もなく二ツ目昇進を果たし、1978年には、若手の登竜門として知られるNHK新人落語コンクール優秀賞を受賞し頭角を表す。
真打昇進にまつわる逸話は有名で、落語協会が真打昇進試験を導入していた時代、彼だけに抜擢昇進のチャンスが与えられた。異例の抜擢試験が、彼一人を受験者として実施。見事に合格し、1982年に真打昇進を果たす。18人抜きの昇進と同時に、三代目柳家権太楼を襲名した。

2001年、落語協会理事に就任。2012年芸術選奨文部科学大臣賞受賞、2013年紫綬褒章受章など、多数の受賞歴を誇るほか、母校の明治学院大学で客員教授も務める。
現代の落語界を代表する爆笑派として高い人気を誇り、十八番は「代書屋」。