かつら ぶんし

桂 文枝 かつら ぶんし

  • 1943(昭和18)年 大阪府生まれ
  • 1966(昭和41)年 三代目 桂小文枝に入門(故五代目 桂文枝)
    桂三枝となる
  • 1983(昭和58)年 第38回文化庁芸術祭 大衆芸能部門 大賞受賞
  • 2003(平成15)年 上方落語協会会長に就任、
    第58回文化庁芸術祭 演芸部門 大賞受賞
  • 2006(平成18)年 紫綬褒章を受賞
  • 2007(平成19)年 外務大臣表彰
  • 2011(平成23)年 第62回(平成22年度)NHK放送文化賞
  • 2012(平成24)年 六代 桂文枝を襲名
  • 2013(平成25)年 岐阜市民栄誉賞、第48回大阪市市民表彰賞
  • 2015(平成27)年 旭日小綬章を受章

関西大学在学中に、桂小文枝(故五代目 桂文枝)に入門。
1967年、ラジオの深夜番組に出演し、若者から圧倒的な支持を得る。1969年にテレビ番組の司会に抜擢されてから、数々のレギュラー番組を担当。1981年、「創作落語」を定期的に発表するグループ・落語現在派を旗揚げし、現在までに270作以上の作品を発表。

上方落語協会会長に就任してからは、上方落語の定席『天満天神繁昌亭』建設に尽力。2006年にオープンし、その功績が認められ、同年に『大阪文化賞特別賞』を翌年には『菊池寛賞』を受賞し、秋の園遊会にも招待された。
現在、国内外で落語会や講演会を開催するかたわら、落語家やタレントの育成に励み、また、大学で特別講義を担当するなど、教育・文化活動にも力を注いでいる。