かんだ あかね

神田 茜 かんだ あかね

  • 1985(昭和60)年 二代目神田山陽に入門 前座名ふづき
  • 1990(平成02)年 二ツ目昇進 茜に改名
  • 1995(平成07)年 真打昇進
  • 2002(平成14)年 (社)落語協会に入会
  • 2010(平成22)年 新潮エンターテインメント大賞受賞
  • 2012(平成24)年 落語協会大喜利王選手権優勝
    落語協会大喜利王
  • 2018(平成30)年 小説『母のあしおと』(集英社刊)出版

文化服装学院入学と同時に上京後、30種類以上のアルバイト経験をする。
昭和60年12月、二代目神田山陽(かんださんよう)門下に入門。
神田ふづき の前座名で前座修行を経たあと、平成2年二ツ目、神田茜を名のる。

平成7年真打昇進。以降は、古典講談のかたちにこだわらない、今までにないタイプの新作講談の創作を始め、等身大の女性の気持ちを面白く、せつなく 語った茜講談で独特のスタイルを作っている。